カッパでもレビューしたい

カッパがアニメやゲーム等をひたすらレビューするブログ。ネタバレ満載なので見る際はご注意を。

【最終巻感想】湯神くんは友達がいない  とても綺麗に終わったラブコメ

【スポンサードリンク】

湯神くんには友達がいない (16) (少年サンデーコミックス)

f:id:InvokeTwoA:20151023183618p:plain「うおおおおん。湯神くんが終わってしまったあああ」
f:id:InvokeTwoA:20151215172640p:plain「おろろーん」

アニメCMなどが決まった時は、
いずれアニメ化するものだと確信していたのに。

最終巻感想

  • 落語家でインフルエンザで来れなくなった時の湯神君の絶望に笑え、そのあとの師匠登場でのガッツポーズにも笑えた
  • 落語家の人がキューピット的というか、良い働きをしてくれた
  • 湯神君の弱点というか、人間らしい「落語好き」のところが人と結びつかせるポイントか
  • 「湯神君には友達がいないが、私は湯神くんの友達です」という結論
  • 二人のその後が描かれており大満足だった。こういうのが見たかったんだよ!
  • 「これにはどんな意味があるんだろう」の終わり方も余韻があって良かった
  • サンデーのベストラブコメ賞をあげたい

全体の流れ

  • 2巻からのデートに関する湯神くんの独特な理論が愉快で一気に楽しくなった
  • そのまま面白さが続きクリスマスデートの回でピークに達した。本当に素晴らしかった
  • その後は下級生とかの新キャラが普通だったりで少し低速
  • しかし最終回は間違いなく全ての話がハズレなしで綺麗に終わった

総括

  • またひとつ、歴史に名を冠すべきラブコメが終わってしまった
  • 7年間の連載かー。 7年前のカッパを思うと心が痛むな