カッパでもレビューしたい

カッパがアニメやゲーム等をひたすらレビューするブログ。ネタバレ満載なので見る際はご注意を。

ゲーム・オブ・スローンズ シーズン8-5 最終章#5 鐘

【スポンサードリンク】

ゲーム・オブ・スローンズ 第六章: 冬の狂風 コンプリート・セット(1~10話・5枚組) [Blu-ray]

最終章の吹き替え版は7月からオンデマンド配信かー。
ドラカリス。

ヴァリスとジョン

  • ヴァリスはジョンにこそ王になって欲しいという
  • 玉座は欲しくない、と断るジョン
  • ヴァリスはジョンが善だとは分かるが、

デナーリスとティリオン

デナーリス「私を裏切った者がいる。 ジョン・スノウ」

えー。
ジョンから出生の秘密がヴァリスへとバレたから、
裏切ったのはジョンだという理屈らしい。
なんて理屈だ。

ヴァリス「正しい裁きだと願います。心から」

ヴァリス「お別れです。古き友よ」

おお、このセリフは前にティリオンが裁判にかけられた時のセリフ。
この監督は昔のセリフを違うシチュエーションで繰り返すのが好きだねぇ。

そしてドラゴンを前にして裁きが下される。

デナーリス「ドラカリス」

うあー、ヴァリスーーー!

かっこいい死に様だった。

グレイワームとデナーリス

ミッサンディの形見をグレイワームへと渡すデナーリス。


その形見を暖炉へと投げ込み燃やすグレイワーム。

????

かっこよくてスタイリッシュだけど意味分からん。

なんかデナーリスから「トルゴ・ヌオット」と呼ばれてたけど、
もうグレイワームの名前を捨てたのか?

デナーリスとジョン

デナーリス「ここに私への愛はない。あるのは恐怖だけ」

ジョン「私はあなたを愛している」

ジョンの告白スキルは世界一。
でも大抵タイミングが悪い。

デナーリス「わかったわ」

デナーリス「恐怖を選ぶのね」

何もわかっていない!

牢屋のジェイミーと会うティリオン

ジェイミー「サーセイは俺を”一番愚かなラニスター”だと」

確かに。

ティリオンは小舟を用意したからそれで逃げろという。
処刑覚悟の願い、さすがだねぇ。

ティリオン「お前のおかげで俺は幼少時代を生き残れた」

ティリオン「お前だけは俺を怪物扱いしなかった」

感動的な兄弟愛。

前はジェイミーがティリオンを牢屋から逃がしたように、
今度はティリオンがジェイミーを逃すのかー。

戦争開始: クロガネ水軍に短期突っ込むドラゴン

ユーロン「向きを変えろ!」
↓
ユーロン「向きを戻せ!」

ドラゴン早いねぇ。
超威力だけど方向を変えるには時間がかかるスコーピオン。

ドラゴン1匹に全滅ではないか。
クロガネ水軍は最強!はやはり日向は木の葉にて最強レベルの話だったか。

VS黄金兵団

  • 背後からドラゴンの炎を受け、ほぼ壊滅
  • それと同時にグレイワームたちも突撃

黄金兵団は瞬殺だったか。

ドスラク人も強かった。
人間相手なら強いねぇ。


ここまで戦力差があったとは。

降参する黄金兵団

  • ジョンたちとドラゴンに挟まれ、ついに武器を捨てる黄金兵団
  • 賢い選択
  • そして降参の意を示す鐘が鳴り響く

しかしデナーリスはそれを無視して王都を焼き尽くす。

これはやっちゃったねぇ。

グレイワームも背を向けた降参した兵士に攻撃。
ミッサンディを失った悲しみは深い……。

グレイワーム強すぎ。
まるで三國無双~猛将伝~を見ているかのようだ。

虐殺に反対な人たち

ジョン「やめろー!」

相変わらず無力なジョン・スノウ。
ダヴォスも住人の避難に協力。

兵士の中には暴漢魔も現れて、もう虐殺以外の何物でもないねぇ。

ジェイミー VS ユーロン

小舟の前でユーロンと遭遇するジェイミー。

ユーロン「死ぬ前にもう一人王を殺せば、永遠に歌われるぞ」

ジェイミー「お前は王じゃない」

ユーロン「俺はサーセイとやった」

まさかこの二人が戦うとはねぇ。

ユーロン「お前の首を女王の元へと持って行き、最後の口づけをさせてやろう」

ユーロンがこんな中二病なセリフを言うなんて……!
でも舐めプ気味な事をして死亡。

ユーロン「お前も終わりだ…… 終わりだ!」

ユーロン「俺はジェイミーを殺した男だ」

ハウンドとアリア

サーセイを殺そうと、サーセイを目指すアリア&ハウンド。
しかしこのまま進めばドラゴンに焼かれて死ぬとハウンドはいう。

ハウンド「俺は長年ずっと復讐を望んできた」

ハウンド「俺を見ろ!  俺のようになりたいか」

ハウンドは一人で行く。

アリア「サンダー」

アリア「ありがとう」

この二人の関係性はいいねぇ。

ハウンド VS マウンテン

  • 逃げるサーセイたちはハウンドと遭遇
  • 一瞬で部下4人ほどを切り捨てるハウンド

強すぎ。

マウンテンはサーセイの命令を無視し、
クァイヴァーンを殺しハウンドと戦う。

そしてフィクションでよくある兜だけ壊れる演出。

ハウンド「そう、それがお前だ。 ずっとそうだった」

オベリン・マーテルがやられた顔面潰しをくらいそうになったが、
なんとか気合いで相打ちに持ち込んだハウンド。

ハウンドー!

サーセイとジェイミー

一人になったサーセイの元にジェイミーが駆けつける。
弱ったサーセイだが、そのまま壁が崩れ落ちてきて二人とも死亡?

総括

前回の感想:ドラゴンよえー
今回の感想:ドラゴンつえー


ついに行われてしまった大量虐殺。
アリアの殺すリストにデナーリスが追加されてそう。

デナーリスは色々とやってしまったねぇ。