カッパでもレビューしたい

カッパがアニメやゲーム等をひたすらレビューするブログ。ネタバレ満載なので見る際はご注意を。

ゲーム・オブ・スローンズ シーズン8-2感想 最終章#2 七王国の騎士

【スポンサードリンク】

ゲーム・オブ・スローンズ 第六章: 冬の狂風 コンプリート・セット(1~10話・5枚組) [Blu-ray]

決戦前夜が描かれるスローンズ。

断罪されるジェイミー

  • サーセイは北に軍を送ると言っておきながら一人も送らなかった
  • それどころかユーロンと組み、ゴールデンカンパニーを買収し兵力を集めている……
  • デナーリスの父を殺した過去も含め、皆の前で断罪されるジェイミー
ジェイミー「あれは戦での事です。私は家名の為にしただけです」

ブラン「愛のためなら何でもする」

ジェイミー(こいつ……なぜそのセリフを!)

リトルフィンガーの時と同じ追い詰め方だ。
ブランはジェイミーの(サーセイとの関係を隠すための)悪事も全てお見通しだった。

ジェイミーを庇うブライエニー

  • デナーリスの一存で処罰されそうなジェイミーだったが
ブライエニー「彼は信頼の置ける人間です」

ブライエニー「ともに捕虜になった時、私を助けるため手を失いました」

(ジェイミーが手を失ったのは調子に乗ったからだと思うけど)

さすがブライエニー。
サンサも「ブライエニーを信じているから、彼女が信じている彼を迎えよう」と言ってくれる。

ブランも後でジェイミーに「今はもう別人だ。誰も憎んでいない」と言う。
それに「今処罰したら戦に協力してもらえなくなるから」と。

アリアとジェンドリー

  • 亡者と早く戦いたいアリアは、亡者の特徴をジェンドリーから聞く
ジェンドリー「奴らはやばい…… 普通の敵じゃない」

ジェンドリー「奴らは……”死”そのものだ」

アリア「死はよく知ってる。 対面が楽しみだ」

もうアリアは常時ドヤ顔の戦闘狂になってしまった。

サンサとデナーリスの女子会

  • サンサと内密に話がしたいとデナーリスは言う
  • ティリオンは良い人で聡明だと、共通の話題でホッコリする
  • ティリオンの評価高いな
  • そして「ジョンを愛している」と素直に打ち明けるデナーリスにサンサも心を許していく
サンサ「亡者との戦いが終わったらあなたはどうする?」

デナーリス「鉄の玉座に着く」

サンサ「そしたら北部はどうなる? 北部はもう誰にも忠誠を誓わないと誓った」

その質問に答える前に、話が中断されてしまう。

これは未来の対立フラグか……。

シオン到着

  • サンサは再開したシオンを抱きしめる
  • 一応ここまでサンサに信頼されていたのか。多くの不幸の原因はシオンだと思うけどねー
  • 残念ながらシオンとアリアの再会シーンは無し

ジョンの再会

  • ジョン・スノウと再会してメッチャ嬉しそうなトアマント
  • イーストウォッチから無事に逃げ延びたようで何より

作戦会議

  • 亡者たちを倒すには、亡者を操る「夜の王」を倒す必要がある
  • 亡者たちの目的は「終わらない夜」を訪れさせる事
  • その為には世界の記憶そのものである「三つ目のカラス」を殺す必要があるらしい
  • そして三つ目のカラスであるブランの居場所は常に「夜の王」に感知されている
  • 逆にブランも「夜の王」を感知できる
  • ブランは自分を神々の森で囮にして、「夜の王」を倒すことを計画
シオン「お前からこの城を奪った」

シオン「今度はお前を守らせてくれ」

今度こそ本当に、覚醒シオン・グレイジョイか!

決戦前の夜 ブライエニー

  • 皆が思い思いに過ごす
  • ジェイミーはティリオンと酒を交わし、そこにブライエニーたちも集まる
  • トアマントも参加し「俺が巨人殺し(ジャイアンツベイン)と呼ばれる理由を教えてやろうか?」と言いダダ滑りする
  • ↑ジェイミーへの宣戦布告? 野人との感覚のズレでただ滑っただけ?
  • ブライエニーが「女は騎士になれない」と言う話にトアマント「俺が王なら君を騎士にするのに」と言う
  • そしてジェイミーが叙勲式の真似事をしてくれる
  • トアマント「七王国の騎士万歳!」
  • 真っ先に拍手するトアマント良い人


誰か歌ってくれと言う話になり、サー・ダヴォスに振られるが

サー・ダヴォス「耳が腐るぞ」

決戦前の夜 アリア

  • アリアとハウンド、ベリックの淡白な会話
  • 「最後の夜をお前ら年寄りと過ごしたくない」とあっさりとアリアは退散
  • その後、まさかのアリアとジェンドリーがくっつく
  • 嘘だろ……!

と思ったけど、調べた結果

> ロバート・バラシオンは生前に「私とリアナとは実現しなかったバラシオン家とスターク家の縁組を、俺とお前のの子達で実現させよう」とエダード・スタークに語っていた。
> ジェフリーとサンサの婚約は解消されてしまった。

代わりにジェンドリーとアリアが結ばれることで、父たちの願いが違う形で叶ったという事か。
なるほどねー。
よく考えられてるなぁ。

決戦前の夜 ジョンとデナーリス

  • デナーリスの兄(レイガン)とリアナ・スタークの話になる
ジョン「俺の本当の名は…… エイガン・ターガリエン」

デナーリス「それが本当なら…… あなたには鉄の玉座の継承権がある……」

これからどうなる、と言ったところで敵襲。

総括

  • 今回も決戦前夜ということで各々が話し合うだけで大きな進展はなし
  • 最後に敵襲だったので、次回から大規模な戦争が起こりそう
  • スタッフも3話は歴史的なアクションを体験する、と予告してたし
  • 一番の衝撃はアリアとジェンドリーが結ばれたくらいか
  • ジョンとデナーリスの玉座継承はどうなるんだろう
  • 尺的にも互いの性格的にも ジョン VS デナーリス の戦争とかには発展しないと思うけど