カッパでもレビューしたい

カッパがアニメやゲーム等をひたすらレビューするブログ。ネタバレ満載なので見る際はご注意を。

ゲーム・オブ・スローンズ シーズン7-2 話感想 嵐の申し子

【スポンサードリンク】

ゲーム・オブ・スローンズ 第六章: 冬の狂風 コンプリート・セット(1~10話・5枚組) [Blu-ray]

ジョン編  デナーリスからのお誘い

  • デナーリスからジョンに会いたいと連絡が来る

(ここだけ見るとゲームオブスローンズ学園が始まったみたいだ)

  • 死の軍団が壁を超えた時、ジョンたちだけでは太刀打ちできない
  • デナーリスの力が必要だ……
  • しかもティリオンのいる場所にドラゴンストーンがある
サンサ「私は反対よ」

サンサ「狂王に招かれて何人が死んだか」
  • しかしジョンはみんなの反対を押し切って申し出を受ける
  • ジョン不在の間、サンサに城を任せる事に

サーセイ編  ドラゴンは殺せる

  • デナーリスは狂王の再来だと言い、協力者を集う
  • 野蛮なドスラク人がやってくる、というのも協力の謳い文句になってるねぇ
  • デナーリスの親父は伝説になる程やばい人だったのか
  • しかし今は七王国のうち、三王国ほどの協力しか得られない
  • まだまだ力が足りない
  • 爺(クァイバーン)はバリスタを開発中
クァイバーン「ドラゴンは強力ですが無敵ではない」

クァイバーン「闘技場では槍により傷を負ったという報告もある」

クァイバーン「傷を負う生物ならば、殺せます」

爺は有能だな。
クァイバーンという名前だとやっと知った。

サム編  名医サム爆誕

  • ジョラーが診断に来る
  • 「長くて半年で正気を失う」と診断される
  • サムはシリーン・バラシオンが病を治してたから、何か方法があるはずと考える
  • そして過去の文献から危険な治療法を発見する
ジョラー「経験はあるのか?」

サム「いいえ。でも誰も試そうとしないなら、僕がやるしかない」

叫んだらサムの独断がバレてやばいので、
猿轡をして叫ばないようにして治療する。

アリア編  ホット・パイは癒し

  • 久々にホット・パイに再会
  • 彼のパイを美味しそうに食べるアリア
  • 久しぶりに人間味のあるアリアだねぇ
  • ホット・パイからジョン・スノウがボルトンを破ったことなどを伝える
ホット・パイ「友達は無料」

ホット・パイ「男だと思っていた事があったなんて。綺麗になったよ」

ホット・パイ。
初期のクソガキっぷりが嘘のように最高の友人じゃないか。
ホット・パイにならばアリアとの結婚を許そう。


道中、狼の群れに襲われるアリア。
アリアは不意打ち特化で強いだけで、狼の前では無力か。

そんなアリアを助けたのはダイアウルフのナイメリアだった。

「一緒に帰ろう」とアリアはいうが、
ナイメリアは野生のポケモンとなる事を選んだのだった。

グレイワーム編  また結ばれた

グレイワーム「お前に別れを言うのが辛い。分かるだろ?」

ミッサンディ「分からないわ」 ←言わせる女

グレイワーム「お前は俺にとって、”弱み”だ」

デナーリスがダーリオを遠ざけたように、
グレイワームもミッサンディと離れようとする。

グレイワームは今まで怖いものがなかったが、
今はミッサンディと出会い”恐れ”がある。

二人は結ばれた。
めでたい。

シオン編  シオン株が……

  • シオンたちはドーンの娘たちと航海中
ドーンの娘1「マウンテンは私がやるわ」

ドーンの娘2「お父様を殺した奴よ? 勝てるの?」

ドーンの娘1「お父様は油断しただけと聞いたわ」

↑油断なんてレベルではないぞ……
  • すると突然、ユーロンに襲われる
  • シオン姉がユーロンに捕まる。シオンは「奪い返してみろ」と言われるが、ビビって海へ飛び込む
  • シオン……まだ株を下げる事ができたなんて

総括

  • ここに来てデナーリスの親父、狂王がいかにやばいやつだったかがよく語られる
  • ジェイミーがキングスレイヤーした理由を話した時は極秘の事実みたいな空気があった気がしたけど、結構有名な話だったのね