カッパでもレビューしたい

カッパがアニメやゲーム等をひたすらレビューするブログ。ネタバレ満載なので見る際はご注意を。

ゲーム・オブ・スローンズ シーズン7-1 話感想 ドラゴンストーン

【スポンサードリンク】

ゲーム・オブ・スローンズ 第六章: 冬の狂風 コンプリート・セット(1~10話・5枚組) [Blu-ray]

フレイ家の宴  みんな毒殺

フレイ家で宴が開かれるが、全員毒殺される。
実は宴の主催者は変装したアリアだった。

アリア「誰かに聞かれたらこう言え」

アリア「北部は覚えている。フレイ家に冬来たり」

アリア、完全に変装マスター殺人鬼になっている。

そして遅いオープニング開始。
テーレー テレレー。

ジョン編  反抗期のサンサ

  • ドラゴングラスを集めるよう命令する
  • ジョン「今や、ドラゴングラスは金よりも貴重だ」
  • モーモント家の女子「私も戦うぞ」 ←かわいい

ジョンはハードホームから一番近い城、イーストウッドを野人たちに任せる。

トアマント「今や俺たちこそナイツウォッチだ」

ジョンはたった一度の裏切りで責めたりはしないと言う。
ジョンの采配にサンサは甘いと反対する。

サンサ「それじゃあ裏切りへの罰も、忠誠への褒美もないの?」

ジョン「俺はナイツウォッチの総督だった時、命令に背いたものを全員殺した」

ジョン「父に習い、自らの手で剣を持って切った」

ジョン「だが俺は父親の罪で子を裁いたりはしない。それが俺のやり方だ」

今回に関しては「夜の王」と言うやばい敵がいるからジョンが正しいかもねぇ。
サンサもだいぶ厳しい意見を言うようになった。成長。

サンサ「誰の声にも耳を貸さなかったジョフリーが名君だったと思う?」←この言葉は刺さる。

ジョン「俺はジョフリーかよ」 ←パワーワード

サンサ「正反対よ」

サンサは父上やロブよりも賢くならないと、と忠告する。

サーセイ編  やばい奴との同盟
  • ジェイミーは周囲に敵が多いから同盟が必要だと言う
  • サーセイはユーロンと同盟を組むか考える
ジェイミー「クロガネの民を知っているが、奴らは不機嫌な連中だ」

その通り、クロガネの民にロクな奴は居ない。

だがクロガネ水軍は最強の水軍らしい。
そんなに凄い集団だったの!?

ユーロン「俺は一番美しい女が望みだ」

サーセイ「申し出は断るわ。信用できない。あなたは同盟や兄弟を安安と殺した」

ユーロン「兄弟殺しは最高だぜぇ」

サーセイにしてはまともな判断。
ユーロンは分かりやすいクズ。
だが次に来るときは最高の贈り物を持って来るから、考えが変わるぜと予告する。

サム編  したいのは雑談じゃねえ
  • トイレ掃除など、雑用を多数やらされるサム
  • これは辛い……
  • 柵の向こうの図書室に行きたいが、まだメイスターじゃないサムには入れない
  • サムは仕方なく、鍵を盗んで本を盗み見ることにする

ドラゴンストーンと呼ばれる、
ドラゴングラスが大量に詰まったものが埋まった場所を発見する。

さすがサム。優秀。

リトルフィンガー  謎の忠告
  • サンサに近づき、「幸せですか?」と問う
  • 今は安全だが、幸福ではないだろうと
  • サンサがジョンの元を離別するフラグが立ってるねぇ
ハウンド編  お分かりいただけただろうか?
  • 炎の中に「雪の壁」の映像をみる
ベリック「これで分かったか? 俺たちには使命がある」

さっぱり分からん。

デナーリス編  形から入るのが好きなデナーリス
  • ついに上陸
  • そして城に戻って感動
  • 会議テーブルに座り、凄いドヤ顔で言う
デナーリス「始めましょう」

何を始めるの?

総括

  • シーズン7開始
  • ラムジー、ハイスパローという胸糞2大巨頭が死んだから張り合いがないねぇ
  • ユーロンは新たなクズの予感がするけど、まだ実害ないからねぇ