カッパでもレビューしたい

カッパがアニメやゲーム等をひたすらレビューするブログ。ネタバレ満載なので見る際はご注意を。

ゲーム・オブ・スローンズ シーズン6-9 話感想 庶子たちの戦い

【スポンサードリンク】

ゲーム・オブ・スローンズ 第六章: 冬の狂風 コンプリート・セット(1~10話・5枚組) [Blu-ray]

デナーリス編 ミーリーンの乱 終結

  • 攻撃を受けるミーリーン
デナーリス「状況が分かってないようね。降伏するのはあなたたちの方よ」

するとドラゴンが現れ、敵を全て焼き尽くす。
いつものパターンだ!

敵もオープニングでは船から大砲打ちまくってたのに、
ドラゴンが出たら何もできずに焼かれる無能となった。

戦争終了。
この茶番はなんだったんだ。

シオン編

  • デナーリスに謁見する
シオン姉「女が王となることを認めない叔父を倒すのに協力してほしい」

デナーリス「ニッコリ」

シオン姉とデナーリスが意気投合している。

親方たちの船と、シオンの船、さらにヤーロンの船も手に入れればウェスタロス行きの船が足りそうとの事。

ジョン編  宣戦布告という名の煽り合戦

  • ラムジーと対峙するジョンたち
ラムジー「軍の数はこちらが遥かに上だ。無駄に死者を出すこともあるまい」

ジョン「確かに、戦の必要はない。何千もの兵が死ぬ必要はない」

ジョン「一人が死ねばな」

ジョン「一騎打ちでカタをつけよう。俺とお前でな」

そんな都合の良い話が!?

ラムジー「北のものは口を揃えていう。ジョンは最高の剣士だと」

そんな強い剣士だったっけ!?
ラムジーは挑発に乗らなかった。そりゃねー。

サンサ「あなたは明日死ぬ事になるわ。よく眠りなさい」

ジョン軍 VS ラムジー軍

  • 戦い前に、ラムジーはわざとリコンを解放する
  • そしてリコンに向けて矢を引く
  • 慌てて助けに向かうジョン(指揮官がこのムーブはダメでは?)
  • リコンはジョンに会える事なく、矢で殺されてしまう
サー・ダヴォス「突撃よぉーい!」

ダヴォスは優秀。

ジョンが一人で何千もの騎兵隊に剣を抜いた時は「無理でしょ」と思ったけど、
ちょうど突撃が間に合ってくれた。

ラムジーは味方に当たることも構わずに弓を打ちまくる非道な戦術。

ジョンは敵を切りまくったが、
奮戦虚しく包囲されてしまう。

なんだこの盾チク戦法は。
まるで壁ハメのような戦術だ。


一体どうするんだ……と思ったら
頑張ったら何とかなった。


巨人族の仲間が強いねぇ。

援軍 リトルフィンガー

  • リトルフィンガーが援軍に参上
  • サンサがとてもニヤリと悪どい笑みを見せていた
  • 余裕の笑みだったラムジーも真顔になり、退却する
  • ざまああああ!
ラムジー「向こうにこの城門は破れない」

巨人「うおー!」 → 城門破壊

今回のMVPは間違いなく巨人マン。
しかし多くの矢に打たれ、巨人マン死亡。
トドメを刺したのはラムジー。

ラムジー「お前は一騎打ちを所望してたな…… 気が変わったよ」

ラムジーは弓を打ちまくるが、ひたすらシールドで防ぐジョン。
そして一気に近づいて、ジョンラッシュ。

これはブライエニーラッシュに続く必殺奥義だ。

相手を押さえつけて、ひたすらパンチパンチパンチ!

スローンズ屈指のスッキリするシーンだ。

サンサ VS ラムジー

牢屋のラムジーに会うサンサ。

サンサ「お前の言葉が消える。お前の家が消える。お前の名が消える」

サンサ「お前の全てが消える」

サンサは猟犬を放つ。

ラムジー「こいつらは俺に忠実だ」

サンサ「でももう七日間も餌を与えていない」

ラムジーは犬に裏切られ、生きたまま食われて死亡。
外道に相応しい末路だねぇ。

総括

  • ラムジーとの戦いに勝利したジョンの功績は大きい
  • ジョン、やればできるじゃねーか!
  • ラムジーは外道に相応しい末路だった