カッパでもレビューしたい

カッパがアニメやゲーム等をひたすらレビューするブログ。ネタバレ満載なので見る際はご注意を。

ゲーム・オブ・スローンズ シーズン6-6 話感想 わが血族の血

【スポンサードリンク】

ゲーム・オブ・スローンズ 第六章: 冬の狂風 コンプリート・セット(1~10話・5枚組) [Blu-ray]

サム編  クソ親父の家に帰郷

  • 故郷に戻ったサム
  • 「父は野人が嫌い」なので、ジリが野人である事を隠す異にする
  • 母と姉は良い人そう
ママン「あらあら、可愛い子供ねぇ〜」
  • ママンと妹はチョロそうだ


しかし父親との気まずい食事会。

クソ親父「ナイツウォッチに入れたのは男にするためだ」

クソ親父「まだ情けないままだな」

ジリ「彼は剣も振るえます。ホワイトウォーカーだって」

サムを庇うジリは良い子だ。
しかし口を滑らせてジリが野人である事がバレてしまう。

クソ親父「あの剣を見ろ。ハーツベインと呼ばれ、ヴァリリア鋼の剣だ」

クソ親父「だがサム。お前には絶対にやらんぞ」

ママン「恥さらしはあなたよ!」

ママンも良い人。
しかしこんな所でまさかのヴァリリア鋼の剣登場。

母親に免じてジリは厨房に置いてもらえる事になった。
しかしサムは今夜限り出て行けと言われる。

ジリ「お父様のことを信じてはダメ。あなたのことを分かってない」

サム「さよなら、ジリ」


と思ったら数秒後にサムが戻ってきて「3人で一緒に行こう」と言う。

そしてハーツベインを盗んで退散。
さすがサム。重要アイテムはちゃんと持っていく。

アリア編

殺しのターゲットの女優は良い人なので殺せなかった。
そのためアリアは、女優が狙われてる事をバラし、ニードルを持って逃亡する。

顔のない師匠「残念だ。才能に溢れていたのに」

顔のない師匠「(姉弟子に)苦しませずにな……」

アリア殺しの命令が下った!

マージェリーとトメン  人格チェンジ

  • ついに面会を許されたトメン。
マージェリー「きっともうすぐ、全てが良くなりますわ」

マージェリー「私はあのハイスパローじじいを誤解しておりましたわ」

トメン「……何いってるの?」

マージェリーは信仰に染まっていた……。

ジェイミー ついにハイスパローを攻める

メイス・タイレルと共に軍を率いてハイスパローに迫る。
もっと早くこうしなよ。

ジェイミー「マージェリーを返せば命は助けてやろう」

ジェイミー「王妃が階段を降り切るまでに、スズメが1匹残らず死ぬぞ」

ジェイミーかっこいい。

ハイスパローじじい「ならば、今日は贖罪をやめる!」

↑ は?

ハイスパローじじい「マージェリーは代わりに、別のものを七神に導いたのだ」

まさかのトメン登場……。

ハイスパロー「我々は同盟を結んだのだ」

トメン「王室と信仰は世界を支える二本の柱だ」

トメンだめすぎ……。
ジェイミーも首を振って「それはダメだよ……」という顔をしてた。

トメン「信仰に害なすものをキングスガードにしておく訳にはいけない」

まさかのジェイミーがキングスガードを解任。
どっかの城を奪い返す命令を与えられる。

嘘でしょー。

サーセイ&ジェイミー もはやこの環境下では唯一まともな二人

  • ハイスパローは必ず叩き潰す
  • しかしジェイミーが死んではダメだ。今はその時ではない、とサーセイは言う。
  • 頑張れサーセイ。付いていくっす!
ジェイミー「しかしもうすぐお前に審判が下るのに、ここを去る訳には……」

サーセイ「もうすぐ決闘裁判があるけど、私にはマウンテンがいる」

決闘裁判の制度ずるくない?
マウンテンかハウンドいれば何でも無罪じゃないか。

デナーリス編 また演説

  • ドラゴンに乗って「私と行こう!」と叫ぶ
  • ドスラク人「うおおおおおおおおお!」

なんだこの演説は。
前にこんな感じの演説から反乱が起きたから、
もはやこの手の演説はカッパは信じぬぞ。

総括

  • ハイスパロー無双はいつまで続くのか
  • トメンもタイウィンとティリオン、ヴァリスがいる時に王位に就けば良かったんだけどねぇ
  • 今は傀儡政治になっても周囲にやばい人しかいない

トメンは王が次々と死んだ時にタイウィンから
「強くても王は死んだ。賢い王とはなんだ? 周りの助言を聞く王だ」
と刷り込まれてしまったからなぁ。
おかげで流される王になってしまった。
トメン自体は邪悪じゃないし周囲に優秀な相談役がいれば良い政治をできたかもしれんのだけどねぇ。
ハイスパローとトメンとの相性が最悪すぎた。
しかもトメンがメロメロのマージェリーがハイスパローに屈してしまったからな。



そういえばジョジェンがいつの間にか死んでた模様。

洞窟に入る前にマドハンドみたいな亡者に掴まれてたけど、もしかしてあのとき死んでたのか。
姉の悲しむシーンとか全然なかったから気づかなかった。