カッパでもレビューしたい

カッパがアニメやゲーム等をひたすらレビューするブログ。ネタバレ満載なので見る際はご注意を。

ゲーム・オブ・スローンズ シーズン6-3 話感想 背任者

【スポンサードリンク】

ゲーム・オブ・スローンズ 第六章: 冬の狂風 コンプリート・セット(1~10話・5枚組) [Blu-ray]

ジョン編  復活のJ

復活のジョン。

ジョン「刺された…… オリーが、俺の心臓を刺した」

そこまでは覚えているとの事。
死んだ後の事は何も分からない。

紅の女「約束されたプリンスはスタニスではなく、他にいたのね……」

そして始まるナイツウォッチの集会。
これは殺した人たちは気まずい……。

トアマント「ここにいるみんな、お前を神だと思ってるぜ」

ジョン「俺は神じゃない」

トアマント「あたりめえだ。お前のナニを観たが、あんな小さいのは神じゃねえよ」

抱きしめ合う二人。
トアマントさんもはや親友だな。


復活したジョンは、自分の殺害を企てた反乱分子を、
オリーも含め処刑する。

そして「俺の務めは終わった」と総帥の座を辞任して去る。

えー、務めは終わったどころかこれからじゃないの?

デナーリス編  相変わらず迷走

  • ドスラク人の変な集落に連れてかれる
  • カールが死んだ直後に来なかったのは禁忌との事。初耳すぎる

キングスランディング編  会話にならない

トメン「母上は髪を切られ、街中で辱められたのにまだ贖罪が足りぬというのか」

ハイスパロー爺ちゃん「全ては神のご加護です」

ハイスパロー教うぜー!
この会話にならない感は辛い。
なんでここまで宗教が力強くなってるんだっけねぇ。

アリア編 引き続き変な修行

なんか悟りの境地に達してきた。

総括

  • ハイスパロー教の力が強すぎでは?
  • 王の権力とは一体……
  • ジョンは総帥やめちゃうのか。勿体無い