カッパでもレビューしたい

カッパがアニメやゲーム等をひたすらレビューするブログ。ネタバレ満載なので見る際はご注意を。

ゲーム・オブ・スローンズ シーズン5-9 話感想 竜の舞踏

【スポンサードリンク】

ゲーム・オブ・スローンズ 第六章: 冬の狂風 コンプリート・セット(1~10話・5枚組) [Blu-ray]

スタニス編

  • 雪の地形に苦戦するスタニス軍
  • 20人ほどのボルトン軍に兵糧を焼かれて足止めを食らってしまう
  • ラムジー、腐れ外道なのに戦上手なのが腹たつねぇ


スタニスはメリサンドリルに姫シリーンを生贄に捧げさせる。
こうして「光の王」の加護により飢え死を免れた。

「光の王」教団怖い。
シリーン良い子だったのに……。

ジョン編

野人をなんとか壁まで連れてこれたジョン。
しかし死者は多く、助けられなかったものも多かった。

サム「君のおかげでこれだけ救えたんだよ」

サム最高。

相変わらず野人を見るナイトウォッチの目は冷たい。
一波乱ありそうだねぇ。

アリア編

  • 貝売りの少女を演じてたら、まさかの「殺したいリスト」の目リン・トラントを見つける
  • ↑剣の師匠を殺した人

デナーリス編

  • 大規模な闘技場が再開され、大きな熱気に包まれる街
奴隷「女王陛下のため、命をかけて戦います!」

それを何とも言えない気持ちで見つめるデナーリス。

ダーリオ「デカイやつよりも小さいやつのほうが強い」

ダーリオ、いや、ダーリオさんはさすが現実が見えておる。

家長「血なまぐさい事も時には重要なのです」

ティリオン「自分に都合の良い現実を引き合いに出すな」

さすがティリオン。
すると闘技大会ではジョラーが戦う。

ジョラー「女王陛下のために命をかけて戦います」

もはやストーカーの域。
ジョラーが死にそうになるたびヒヤヒヤするデナーリス。

最後はジョラー、ローリングからの突きで勝利。
なのに凄いブーイング。なんで!?

ジョラー、いきなり槍をデナーリスに投げる。
と思ったら、デナーリスを狙ってた背後のハーピーの息子たちを倒していた。
ジョラーすごすぎ。

そして起こる大規模なハーピーの息子たちによる反乱。

ダメじゃん。
闘技場を開いても何の解決にもなってないじゃん。


ハーピーの息子たちに囲まれて絶体絶命に思われた時、
ドラゴンがやってきて助けてくれる。

けどドラゴンも多勢に無勢で槍をかなり受けてしまった。無敵な訳じゃないのね。

そしてデナーリスはドラゴンに乗って逃亡。

総括

  • デナーリス編も闘技大会は見応えあった
  • ダーリオとジョラーは強い
  • ティリオンも何気に少しずつ戦闘能力が高まってきた印象
  • ドラゴンもホワイトウォーカーほど無敵じゃないんだなと感じたねぇ