カッパでもレビューしたい

カッパがアニメやゲーム等をひたすらレビューするブログ。ネタバレ満載なので見る際はご注意を。

ゲーム・オブ・スローンズ シーズン1-9 話感想 ベラー

【スポンサードリンク】

ゲーム・オブ・スローンズ 第六章: 冬の狂風 コンプリート・セット(1~10話・5枚組) [Blu-ray]

色々と物語の核心に迫る9話。

ジョン・スノウ編 ナイツウォッチに馴染んできたぜ!

兵士たち「おーい、見せてくれよ」
一同「剣! 剣! 剣! 剣!」

ジョン・スノウ「フッ。仕方ないな」

一同「うおおおお。光を当ててみようぜー」

ここは小学校か。

ジョン・スノウはロブが戦うと聞いて、自分も戦いたいと思う。

デナーリス編 カール、馬から落ちる

前回の戦いでパフォーマンスをしすぎたせいか重傷を負い、
その傷が化膿したのか災いしたのか馬から落ちたカール。

部下「王は馬からは落ちない。馬から落ちるやつは王ではない」

カール株が大暴落してる!

なんかこの作品、王はイノシシ狩りでイノシシに突撃されて死んだり、
最強の戦士カールもなんか傷が化膿して死んだりと死因がしょぼい。

部下「カールは見捨てるべきです。この族で次に強い奴が代わりにカールになれば良い」

幻影旅団みたいな考え方をする部下。
しかしデナーリスは夫を見捨てようとはしない。

前回助けたBBA「今のカールを魔術で助けるには、死の代償が必要です……」

王の馬を生贄にし、
禁じられた血の魔術でカールを復活させる事に成功!

BBA「この歌が終わるまで、誰もテントに入れてはいけません。ラァーーララララァーー」

このBBAの歌をBGMに、過激派の部下と忠実な部下の死闘。

そしてちょうど デナーリス「う、生まれる……!」

もう何が何やら。



ティリオン編

野人たちと一緒に戦闘の最前線に出ることになったティリオン。

どうするんだティリオン!
と思ったらとりあえずベッドシーンに突入するティリオン。

ティリオン「お前たち野人の時代はここから始まる! フォーンテッドドッグ! フォーンテッドドッグ!」

兵士たち「うおおおおお!」

ティリオン「突撃いいい!」

しかし突撃する際にティリオンは頭をぶつけて気絶。
情けねえ。

ティリオン「戦は?」

部下「ふっ。勝ってるからこそこうして無駄話ができるのさ」

戦が終わってる!!
野人は結構な活躍ぶりだった模様。

ロバート・スターク編 そして処刑台へ

サンサが許しを嘆願した事などを聞いて、心に迷いが出るスターク。
ジョフリーを殺し王位を狙ったと告白すれば家族の許しは貰えると信じ、罪の告白をする。

しかし

ジョフリー「余は反逆者に一切の慈悲は与えぬ。殺せ」

なんたる腐れ外道。
そしてサンサとアリアの目の前で、スターク公の首に券が落とされる。


今まで背中を2回刺されて「次回へ……」の死ぬ死ぬ詐欺常習犯のスターク公といえども、
流石にこれは死んだっぽい。
むしろこれで死んだら感動を返せってなる。

総括

  • また色々と話が進んだ
  • ロブの方の戦争はなんか 2万の兵士と思ったら2千の兵士でとりあえずティリオン側が勝ちました〜 と茶番だった
  • ロバートの処刑問題は今後も大きな問題に発展しそうだし、デナーリス方面も結構クライマックスの近さを感じる
  • ジョンとサムの会話だけが癒しだ、マジで