読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カッパでもレビューしたい

カッパがアニメやゲーム等をひたすらレビューするブログ。ネタバレ満載なので見る際はご注意を。

アクマゲーム 144話 ダチョウとなった初氏

アクマゲーム
【スポンサードリンク】

ACMA:GAME(16) (講談社コミックス)
f:id:InvokeTwoA:20151023183618p:plain「今週は表紙カラー+2話掲載!」
f:id:InvokeTwoA:20151215172640p:plain「そしてまさかのギャグ回が続く……」
【目次】

あらすじ ダチョウとなった初氏

  • 転んでも立てないという絶望的な状況
  • 照明(カエル)に手を差し伸べられ感動する 「人の優しさが心に染みる……!」
  • しかし唐突にカエルが居なくなり絶望する
  • と思ったら後ろにクマがいた

f:id:InvokeTwoA:20151023183618p:plain「……初君、ギャグを狙ってないのにまるでギャグマンガ世界の主人公みたいな受難だ」
f:id:InvokeTwoA:20151215172640p:plain「格好いいポーズで果物の数を当ててた彼はどこへ……(恋愛マスターあたりからかな)」

  • クマ(伊達さん)に尻を触られ、初と判断される
  • 初(俺はチームに貢献できた……これで良かったんだ    ずーん)

f:id:InvokeTwoA:20151023183618p:plain「初さんドンマイケルとしか言いようがない回だったね」
f:id:InvokeTwoA:20151215172640p:plain「今後はモニター画面を通してツッコミ役となる事が期待されますね」

あらすじ2

  • クマ氏、サルと出会う
  • クマはサルをユカリと判断するが失敗。正体はセンヤでした
  • センヤ「この5分で勝負を決めるよ」
  • センヤ「僕はここだよ、全員しゅうごー」

f:id:InvokeTwoA:20151023183618p:plain「うまい作戦。これならば敵も味方もセンヤの元に駆けつけざるを得ない」
f:id:InvokeTwoA:20151215172640p:plain「迷路の中を探して回るのではなく、迷路の中にいるみんなを自分のいる場所に集めようという作戦。理にかなってますな」

勝敗予想

f:id:InvokeTwoA:20151023183618p:plain「さて、勝敗予想だけれど」
f:id:InvokeTwoA:20151215172640p:plain「今の所ポイントは1対1ですよね」
f:id:InvokeTwoA:20151215172640p:plain「この勝負は伊達さんの勝利。続いて初氏がきらりんに負けて、最後に主人公がきらりんに勝つんじゃないかと予想するよ」
f:id:InvokeTwoA:20151215172640p:plain「ふむ。きらりん、せんや氏から2勝以上勝ち取らないといけない訳ですな。恐らくキラリン氏が2回参加するとして、キラリン氏が2連続で負けるというのは考えにくいから確かにそうなりそう」
f:id:InvokeTwoA:20151023183618p:plain「という事は、ここから伊達さんの一発逆転あるかなー」
f:id:InvokeTwoA:20151215172640p:plain「逆転しないと、勝負中に尻を触ってただけの人になっちゃいますもんね」