読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カッパでもレビューしたい

カッパがアニメやゲーム等をひたすらレビューするブログ。ネタバレ満載なので見る際はご注意を。

櫻子さんの足下には 最終話感想 まさかの過去編 あれ、子安さんは?

【スポンサードリンク】

櫻子さんの足下には死体が埋まっている (角川文庫)
f:id:InvokeTwoA:20151023183618p:plain「骨から始まり骨で終わるミステリー、最終回!」
f:id:InvokeTwoA:20151215172640p:plain「最後はまさかの過去編」

ショウタロウ君の中二時代

  • あの頃は理由もない腹痛を感じていた
  • 先の事が見え始め、毎日が退屈に感じていた
  • 反発したい年頃

f:id:InvokeTwoA:20151023183618p:plain「……思ったよりもまともだね」
f:id:InvokeTwoA:20151215172640p:plain「枕に顔うずめてゴロゴロしたくなる過去はなさそうですね」
f:id:InvokeTwoA:20151023183618p:plain「退屈すぎてスカートめくりにあけくれてたぜ、とかだったら面白かったのに」

桜子さん「桜の下には何が埋まってると思う?」
しょうたろう「?」
桜子さん「屍体だよ(ドヤァ)」

中二時代のショウタロウ君はこのセリフにノックアウトされてしまった模様。

ショウタロウは日常からずっと離れたがっていた。
桜子さんと一緒にいると、そこから外れられる気がしたのか。

今期の振り返りまでしてくれるショウタロウ君の叫び

しょうたろう「僕はたくさんの死を見てきました。1話のあの人や、2話のあの人、3話の……」

しょうたろう「この先何があるかは分かりません。でも……僕はあなたといたい!」
桜子さん「だめだ! あれは覗いてはいけない深淵だ」
しょうたろう「せやかて工藤!」

桜子さん、説得により陥落。

桜子さん「私は君の骨なんて見たくない! 私のそばにいれば……」
しょうたろう「あんしん、でしょ?」

しょうたろう「あなたが直接僕を守ってください。ハナブサの手から」
桜子「ふふっ。まいったよ」

f:id:InvokeTwoA:20151023183618p:plain「まさかの一生守ってくれ宣言」
f:id:InvokeTwoA:20151215172640p:plain「ショウタロウ君のヒモパワーが高まっている」

桜子「いくよ。しょうたろう」
ショウタロウ「……はい!(初めて名前を呼んでもらったぞー!)」

子安との決着は無しかー。

というわけで総評

総評

f:id:InvokeTwoA:20151023183618p:plain「最終回はラスボスとの子安もなくて、ちょっと残念」
f:id:InvokeTwoA:20151215172640p:plain「静かな話が多かっただけに、熱く盛り上がる感じではなかったですね」
f:id:InvokeTwoA:20151023183618p:plain「後味がなんとも言えない独特な視聴感が特徴的でしたね」
f:id:InvokeTwoA:20151215172640p:plain「ミステリアニメっていうとどうしても氷菓を連想しちゃいますよね。あっちはエルたそという強力なブヒリティがありましたけど」
f:id:InvokeTwoA:20151023183618p:plain「こっちもコウガミさんがいたよね。桜子さんも、管理人の好みではないけどブヒリティ高い、と思う」
f:id:InvokeTwoA:20151215172640p:plain「骨が好きなどこか壊れた女性。 でも結構常識的で優しい面もあって安心」

桜子さん「さあ、謎を解こうじゃないか(でも子安さんを追い詰めるのは2期を待ってね)」

子安さん「深淵へようこそ(ギャラ発生!)」