カッパでもレビューしたい

カッパがアニメやゲーム等をひたすらレビューするブログ。ネタバレ満載なので見る際はご注意を。

ToLoveるダークネス 2nd 最終回。ここまでシリアスで熱いサービスシーンはあっただろうか

【スポンサードリンク】

前回の喘ぎ声がBGMだった伝説のシリアス回から1ヶ月。

ついにダークネス最終話!

前回のあらすじ

  • こんな絵面だけど作品きってのクライマックス&シリアス回だった
  • サービスシーンになるために駆けつけた古手川&春菜!

あらすじ

覚醒した闇の攻撃という名のサービスシーン。もはやキャラを喘がす為の兵器にしか見えぬ。

しかしララは本家ヒロインだけあって良い活躍っぷり。
正妻の抱擁。力を使い果たしロリ化

ラスボスに対し全員集合で戦うという最終回に相応しい熱さ+エロさ。

メアがこのままではやれてしまう(イってしまう)→ リトさん登場!

ヤミを元に戻させる為にはラッキースケベではなく、純粋なエロさが必要となる。
リト、覚悟の変態行為。

嘗てここまでシリアスで熱いサービスシーンがあっただろうか……。

最後にはデレデレなヤミが観れて良かったよ。

ヤミ「勝手に死なれれては困ります。あなたは私のターゲットなんですから」

ブラックキャットを見ていた頃はイブのこんな姿を観れるとは想像だにしなかったぜ。

感想(総評)

ダークネスというタイトルなのに規制の光ばっかりだったぜ。

もう最終回付近は常に規制の光と喘ぎ声がBGMという伝説の作品だった。
喘ぎ声とイイハナシ風のBGMのケミストリーとか卑怯だよ。

それぞれのキャラの恋する感じが描かれてて癒しの時間だった。

最終話と同時に何か続報あるかと思ったけど、ゲームの販促だけだったか。

でも矢吹神の勢いはとどまることを知らないし、
そのうち3期とかやるのかな。楽しみに待ってるぜ