カッパでもレビューしたい

カッパがアニメやゲーム等をひたすらレビューするブログ。ネタバレ満載なので見る際はご注意を。

シンデレラガールズ最終話 なかなかデレなかったMJ

【スポンサードリンク】

開幕ポエム。そしてOPは無し。
代わりにいきなりライブからスタート

観客&カッパ「うぉぉぉぉぉ!」

あらすじ

MJ、未だデレず。

久しぶりのニュージェネ復活。
アイドル衣装も良いけどジャージ姿も良いよね。

部長ぽい人「何か言わなくて良いのかね?」
武内P「笑顔で楽しんでください」

やはり最後は笑顔。
笑顔と職質芸こそが武内Pの本骨頂。

しかしうさ耳がいたり猫耳がいたり、カオスなメンツだな。
そして武内PにMJのポエム攻撃がくる。

MJ「あるところに一人の少女がいたとしよう。少女は〜」
武内「……(ポエム乙)」
MJ「君のように光を失った者まで救おうとすると、城の権威は失墜するだろう」
MJ「(美城常務だけに城に例えてやったぜ)」

武内「星の光は〜」
MJ「……!」

武内「一番大切なのは彼女たちが笑顔かどうか。それが私のプロデュースです」
MJ「私たちは平行線のようだな(ふふんドヤァ)」

これだけのポエムバトルを繰り広げてもデレないとは。
デレマスというタイトルにあるまじきツンだな。

トライアドプリムスのNTR二人組「しぶりんを頼んだよ!」
 やっぱこの二人は良い子だ。特にポニテの方がカッパの好みだ。


ちゃんみお「ミカねぇ〜」 ←新たなアミカ契約

ニュージェネ「なま・ハム・メローン!」
客&カッパ「っはい! っはい!」

アイマス最終話みたく、今までの回想をしたMADみたいな感じ。
シンデレラガールズはニュージェネが主役だったもんねぇ

Bパートは静止画ライブ

作画が力尽きてしまったか?
でもラストソングは最後の力を振り絞った超作画。

新田さん「シンデレラプロジェクトぉー!」
みんな「おー!」

新田さん、今回は倒れなくて良かった良かった。

ラストソングは M@sic 。
曲名はラブライブのμジックを連想しちゃったよ。

すげーヌルヌル動くぞ。
これが特別番組を挟んだデレマスの本気か!

MJ「たまには城を出て星を見るのも悪くないと思っただけだ」
カッパ「っはい! っはい! おーーー っはい!はい!」

MJも一応デレたのかな。
MJからは国民がどう見えたのか気になる。
個人的にはサイリウム振り回すくらいデレて欲しかったな。
ベジータ風に音楽に乗ってコッソリ足でリズム刻んでるとかでも良かった。

エピローグ  シンデレラ2期生

おお、ちひろさんが出てくれた。トレーナーさんまで。

トレーニングする新田さんは女神。
メインキャラがみんなその後描かれて良いね。蘭子さん完全に覚醒してる。
チエリも勇気出してたし アンズはアンズのままだったし

城ヶ崎姉妹の姿も観れたし。ふぅ これぞ真のアミカ契約。

リーナとナツキチがコンビ組んでる!
ミクとウサミンまで!

なんというか すげーいろいろなユニットが生まれてるな。

武内P「笑顔で行きましょう」

今回だけで何回「笑顔」を連呼しただろうか

最後は  おーねがい シーンデレラー♩

きたか! 
と思ったら初めのサビだけで終わってしまったンゴ

ふぅ、映画化とかの続報は無しか。

総評

いやー 超よかったよ。
特にシマムーの s(mile)ing は至高だった。

特にアスタリスク回が元気でた。

リーナ「ロックと思えばそれがロックだよ!」

この言葉を体現するかのようにクライマックス直前で特別番組。
それさえなければ完璧だった。
結果としてカッパはデレステを始めてしまうくらいハマってしまった。
(楓さんが主力のかっぱP)

アンズちゃんが意外としっかりしてたり
(視聴前はもっとダメ人間な子だと思ってたら、天才だった)

しまむーがガラスの心を持った天使だったり
色々と新発見があった。

途中のちゃんみお「アイドルやめる」事件は見てて辛かったけど
最終話付近の改心したミオは良かったよね。

お気に入りキャラは

蘭子   …… 闇に呑まれよ!
しまむー …… s(mile)ing は至高。鬱にならないよう大事にプロデュースせねば
あんず  …… あのドヤ顔が良い
りーな  …… ニワカっぷりが良い。ミクとの夫婦なやりとりは必見
新田さん …… 断じてビジュアル要員ではない