カッパでもレビューしたい

カッパがアニメやゲーム等をひたすらレビューするブログ。ネタバレ満載なので見る際はご注意を。

対魔導学園35試験小隊 2話 幼女合体! Aパートはツン、Bパートはデレの桜花さん

【スポンサードリンク】

前回、ツンツンしてるようで意外とチョロかった桜花。
今回で完全にデレるのか?

対魔導学園35試験小隊 (11).魔女狩り戦争 (下) (富士見ファンタジア文庫)

対魔導学園35試験小隊 (11).魔女狩り戦争 (下) (富士見ファンタジア文庫)

あらすじ

アバン

主人公「俺が全員倒して最強を証明してやるぜぇ!」
桜花 ( ' ^'c彡 ))Д´) パーン

それが、桜花との出会いだっ

主人公情けねえ。
主人公とヒロインの出会いを主人公だけ覚えてるってパターンは珍しいよね。

ヒロインは完全に主人公忘れてたし。

ツンツンしてる桜花

前回のデレは幻想だったと言わんばかりのツン。

桜花「貴様は金目的で隊に入ったようだな。貴様は異端審問回失格だ!」

桜花は必要以上に敵を殺してしまうので、カラミティと呼ばれていたらしい。恥ずかしい異名だ。

一方、そのころホモっぽい敵(ネクロマンサーで召喚士でどうたらこうたら)は昂ぶっていた。

敵「足りないっ! 絶望が足りないっ! なんかが足りないっ!  ( ゚д゚ ) 」

過去語りを始める桜花さん

ツンツンしてるけど過去のことを聞いたら話してくれる桜花さん。

けっこうグロい過去でビビった。
アスタリスクや落第騎士とは違い、何も考えずブヒるアニメではないようだ。

唐突で当たり前の敵襲

なんかグールが暴れてる。しかもエインヘリアルもいるとかで大ピンチ。
駆けつける主人公は幼女の幻聴っぽいものを聞く。

幼女「まだ生きている……(ボソッ)」

三┏( ^o^)┛ いそげー  ←まるで聞こえてない

エインヘリアルは超強いけど、桜花が突入してしまったので助けに行くことに。

案の定、桜花さん負ける

攻撃を食らっても服が破けないあたり、やはりシリアスな作品。
落第騎士やアスタリスクだったら今の攻撃で露出度が大幅アップしてた。

1話時点では似てる似てる言われてた作品だけど2話で方向性がだいぶ違ってきたね。

35試験小隊: 過酷な戦場。少しグロい。
アスタリスク: 王道。イチャイチャしつつ時々シリアス
落第騎士:   とにかくサービスシーンだ!

桜花さんの奥の手

なんか魔法ぽいものを唱えたら、なんかを召喚した。
2丁拳銃で結構スタイリッシュ。まるでデビルメイクライだ!

必殺技もなんか格好いいぞ。
これは強いヒロイン。桜花さんは決してポンコツではなかった!

けどなんか第三者の介入でやっぱりピンチに。

主人公「おおとりぃー!」
 絶妙なタイミングで助け入るパターン。

主人公「なんとか流、これよりここを戦場とみなす!」
桜花「思い……出した。主人公はあの時の男だったんや!」

やっぱヒロインのピンチに助けに入るのが攻略の秘訣だよね。
ちゃんとウサギちゃんも狙撃で援護してるし、チーム戦なのもいい感じ。

ここで1話のアバンと繋がる。

( ゚д゚ )「煙で何も見えない!!!」
(´;ω;`)「このままじゃ全滅だよぉ」


幼女「……力が欲しいか?」
( ^ω^) !?

幼女がいろいろ問いかける。
「人を捨てられますか?」「大切なものを代償として捧げられますか?」

明らかに危険な契約だけど、この状況では契約せざるを得ないよね。
そして主人公は幼女と合体(やったぜ!)

そしてヒーローものみたいな全身鎧の姿になった!
なんか1話とぜんぜんビジュアルが違って意外な感じだ。

主人公「すげえな……力が湧いてくるぜ」
幼女「ペラペーラー、ペラペーラー(いい発音)」

桜花「しゅごい……」
主人公「俺の剣術は無敵! くさなぎもろは流、やまたのおろち!」


ホモっぽい敵「へぇ……やるねえ。彼」
 意味深に遠くから見つめて去る

戦闘後のイチャイチャ

主人公「半分、俺に背負わせろよ。お前一人で頑張るなよ」
桜花「////」

そして疲れた主人公は、桜花さんに膝枕されるように気絶してしまう!
これイケメン以外がやったらドン引きされる行動だ。
でも優しい笑顔で許されるあたり、だいぶ心を開かれてるね。


次回から桜花さんのデレが進む?と思うと次回が楽しみ。

Cパート

可愛い子誕生!
でもよく状況が分からない感じだった。