カッパでもレビューしたい

カッパがアニメやゲーム等をひたすらレビューするブログ。ネタバレ満載なので見る際はご注意を。

ヘヴィーオブジェクト 2話 緊急時でもラッキースケベは忘れない!

【スポンサードリンク】

前回ベルトを使ったサービスシーンで話題を呼んだヘヴィーオブジェクト。

ヘヴィーオブジェクトA 01 (電撃コミックスNEXT)

ヘヴィーオブジェクトA 01 (電撃コミックスNEXT)

あらすじ

主人公「だが……俺たちの本当の悪夢はここから始まったんだ……」
OP 「ヘイカモーン!」

なんか白旗あげてるのをスルーされて攻撃を受けた!

主人公「逃げなきゃ蟻の行列みたいに逆されちまう!」
三┏( ^o^)┛ いいから走れぇ!

ちょっとジョジョ系喋りだ。

なぜか敵は主人公を視認できず去る。逃げ切れるチャンスだが……姫さまの救難信号だ。

姫さんは敵の注目を集めるためにわざと救難信号を出してるようだ。

主人公「そんな子を見捨てるのかよ!  俺は行くぜぇ」

熱い主人公だ。

Bパート  すでにヒロインが同人誌のプロローグみたいな状態に

四人くらいの軍隊に囲まれ降伏しているヒロイン。
主人公はライフル一つで助けようとするが……。

敵はとんでもねえゲス野郎なので良心の呵責は幸いにもない。
躊躇なく撃つ主人公、株上げだ。

ヒロイン「どうして……どうして私を助けたの?」

(参考)
ジタン「人を助けるのに理由がいるかい?」

ヒロインはある程度落ちた模様。
人命救助はポイント高いよね。

主人公、逃げるどさくさに紛れてヒロインの胸に顔をうずめる。
ラッキースケベ体質らしい。

主人公「やったぜ!」

カッパ(素直に喜ぶところはポイント高いですな。主人公によっては  ( ゚д゚ )「服を着ろー!」 みたいな反応だもんな)

しかも緊急時なのでラッキースケベも不問にされるとは。すげえ!


オブジェクトの研究をしてる主人公
操縦ができるヒロイン
あとなんかできる親友

おれたち3人で、なんとかあの最強のオブジェクトを倒そうぜ! というところで次回へ。
ED初めて流れたけどいい曲だ。


1話は説明が多くて驚いたけれど、
2話は緊張感あってテンポ良くて楽しかった!

次回からもっと戦局が加速してくだろうし楽しみ。

kappa7.hateblo.jp