カッパでもレビューしたい

カッパがアニメやゲーム等をひたすらレビューするブログ。ネタバレ満載なので見る際はご注意を。

僕らはみんな河合荘 7巻の感想  面白すぎて心が浄化されて転生した

【スポンサードリンク】

前巻にネトリ男が登場しヤキモキした河合荘の最新刊。

僕らはみんな河合荘 7巻 (コミック(YKコミックス))

僕らはみんな河合荘 7巻 (コミック(YKコミックス))

 

あらすじ

シロ「やあ、俺はいま釈放されたところ」

シロさんのナチュラルな挨拶から始まる河合荘7巻。

 

前回のネトリ男登場から、ローテンションが続くウサ。

いやー、本当にネトラレだけは勘弁してくれぇ。

女性作家特有の恋愛のリアルさとか許してチョンマゲぇ。

カッパはネトラレに弱いんだよ (´;ω;`)

すれ違う二人

先輩が楽しそうならそれで……と言うウサに

「先輩、本当にあの人のこと好きなんすか?」

前巻でシロさんから指摘があったように、恋愛面でウサは積極性に欠ける模様。

そして焦りからリツ先輩にも微妙な態度を取ってしまう。つれぇ。

 

でもネトラレの影を感じさせつつも、

壁ドン事件など挟みながら楽しく読めるのは流石だ。

どんどんこじらせていく二人だけど、今回は周りのフォローが熱い。

林は女神だった

当初は恋のライバルポジだった林が、いまは頼れる女神になっていた。

リツちゃんの親友ぽくなってきて良いね。

さらに中学時代の黒歴史が発覚しギャグ要員としても完璧。

なんて良い子なんだ (´;ω;`) 世界が……許して……くれる、なら

シロさんの恋愛感

シロ「趣味ねぇ。一番分かりやすい「合う」だけど、長い目で見ればそんな重要じゃなかったりするけど」

リツとウサが合わなそうというマユミさんへの指摘に対するカウンター。

シロさん大人すぎるでぇ

マユミさんの格好よすぎる応援

マユミ「お前がカッコ悪くねえ時なんてあったかよ?」

男前すぎる。シロさんマユミさんを貰ってやってくれ。

そして誤解が解ける

色々辛いシーンもあったけど、なんとか誤解も解けて本当に良かった。

最後に壁ドンを持ってくる決着。宮原るり先生は天才か。天才超えとるわ。

 

みんな楽しく笑いあっている河合荘がやっぱ良いよね。

それにリツもだいぶウサを意識してきたし。

後は後輩のネトリ子ちゃん(こっちは天使)と恋の勝負でシロクロつけるのかな。

 

隠れた本編 シロさんと俺

あいかわず抱腹絶倒待ったなし。 かっこいい言葉だけで喋るごっこが特に楽しかった。