カッパでもレビューしたい

カッパがアニメやゲーム等をひたすらレビューするブログ。ネタバレ満載なので見る際はご注意を。

それが声優! ネタバレ感想 最終話で告白 それがカッパ!

【スポンサードリンク】

前回、『光の先へ』が感動的だった激熱ライブから一ヶ月。

( ^ω^) ……あれ? 最終回にする事なくない?

それが声優! 第1巻(初回限定アフレコキット版) [Blu-ray]

それが声優! 第1巻(初回限定アフレコキット版) [Blu-ray]

 

あらすじ

ライブも終わり、燃え尽き症候群にかかったフタフタ。

マネージャー「調子に乗ってはいけません。もうすぐ査定ですよ」

どうやら査定によってはクビになる事もあるらしい。

 この2年間を振り返るフタフタ。

初めは仕事が全くなかった事。オーディションに落ちて泣いた事。カッパの嫁になった事。( ^ω^)

養成所時代の同期との飲み会

みんな可愛い。カッパもこの飲み会に混ぜてくれぇ。頼むよマジで。

人妻っぽい子「私、こんど婚約してさ」

声優を諦めた人や、諦めきれない人、家庭を持って落ち着いた人……

みんな色々な道を進んでくんだなぁ。

先輩「十年後も続けていられるかじゃなくて、続けたいかどうかでしょ」

ビジョンがなければそこには辿り着けないか。心に突き刺さるねぇ。

みんなに将来のビジョンを聞く

イチゴ「歌って踊れる、イチゴ姫よ」

イチゴもブレなさが凄いよね。

リン「私は入試でいっぱいいっぱいです」 ←可愛い

そして査定

泣く人もいるという査定。クビ宣告受ける人もいるんだもんなー。

( ^ω^) これは枕営業の同人誌が厚くなりそうだ

沈黙の長さに緊張したりしてリアルだ。

面接官「今の自分を、どう思う?」

フタフタ「カッパさんの……嫁になりたいです」

面接官「そうだよねー。イヤホンズ以外、目立った実績はないものね」

面接官2「君を推薦した人は二人しかいない。まだまだ君は努力が足りないね」

フタフタ「……はい」

面接官3「はいって、自分で認めてしまうのかね?」

面接官4「声、小さくて聞こえないよ」

 なんだこれぇ、圧迫面接すぎる!  ( ゚д゚ )

こりゃ泣いちゃう人がいるのも納得のブラック面接。

スパルタを支持する人もいるけど、新人は褒めて伸ばすのが良いと思うよ。

フタフタ「私は息の長い声優になりたいです」

そんな時、イチゴの声を思い出して自分を取り戻す。

フタフタ「自分は地味ですし、容姿が良いわけではありません」

いや、俺は10話くらいの風呂シーンを覚えている!

あのシーンをコマ送りにしてみたのは自分だけではないだろう。

 

フタフタは覚醒すると本当に大物になるな。

先ほどまでのパニック状態は何だったのかというシッカリした受け答え。

マネージャー「私、一ノ瀬さん(の演じる少年役)が好きです!!」

これ完全に告白だよね。最終回で告白がある作品は名作。

二人の関係性、とても良いと思います。

最後、フタフタが残れることになり、終了。

 エンディングはライブでも流れていた『光の先へ』。

これも良曲だけどいつものラジオエンディングが良すぎて、無いのがちょっと残念。

 

ライブも終わって最終回やることないんじゃ? と思ったけどとても楽しかった!

華のあるライブ活動も良いけど、こういう仕事回も楽しいよね。

2期あるの?

最後は2期を仄めかすような終わり方だったよね。

原作ストック的にはもう少し待つ必要ありそうだけど、OVAとかでも良いからまた三人の活躍が観たいもんだねぇ。

総評

声優業界の笑いあり、涙ありの奮闘記。

キャラも可愛くて魅力的で(特にリンちゃん)、今期アニメで一番楽しみにしてた作品。

 

初めの数話は主人公フタフタのヘタレっぷりが目立ったけど、後半からの主人公っぷりは良かった。

何より少年から幽霊まで、あらゆる声を出せて「声優ってすげー」とカッパを唸らせた!

 

へぇー、と事も多かったし、

毎回ゲスト声優さんが出てくるのも楽しみだった。

 

サーバントサービスやシロバコと言い、最近は仕事モノの作品が面白いの多いな。