カッパでもレビューしたい

カッパがアニメやゲーム等をひたすらレビューするブログ。ネタバレ満載なので見る際はご注意を。

空戦魔導士候補生の教官 最終話の感想(ネタバレあり) 1000ドヤァな勝利

【スポンサードリンク】

( ^ω^)「教えてやるよ。最強への方程式(メソッドを」 

 ラッキーすけべ ラッキーすけべ ラッキーすけべ

( ^ω^)「やれやれ。マジかよ」

 

 最強への方程式を見事に教えてくれた本作も今日で終了。

あらすじ

敵の変態ぽいストーカーは巨大化してモンスターみたくなった。

( ^ω^)「あっ。これ小物のパターンだ」 

主人公「あれ、お前ら逃げねーの?」

ヒロインズ「私たちだって、何かできるはず」

 落ちこぼれだった三人も立派になりましたな。

 

特にポロリもないシリアス戦闘。

主人公「それで良い……実力差があればあるほど奴は警戒心をなくしていく(どやぁ)」

どんなに頑張っても全ては俺ツエー主人公の掌の上だった。

敵「ユーリ。ついに僕の愛に応えてくれるんだねぇ」

(ヾノ'д'o)ナィナィ

 あれだけドヤァってたのに一撃。

そのあとコントみたいな命乞い→だまし討ち→瞬殺が起きて死亡。

主人公「お前はとっくに俺の、術中にはまってたんだぜ ドヤァ×1000」

 

特に何もしてない主人公のスーパーどやぁタイム。

これだ、この爽快感を求めていたんだ!!

 

さて、一件落着したしサービスシーンはあるかな ( ^ω^)

主人公「そうそう、うちのチームに新しい奴が入ることになった」

ヒロイン「えええええ!」

おれ ( ^ω^) やっぱ来るよね

ユーリ「よろしくお願いしまーす。 これで満足ですか(ツンっ)」

しかしツンとした2秒後にはデレてるユーリさん。

 

そして 俺たちの戦いは続くぜぇ END

 

サービスシーンはなかったけど綺麗な最終回だった。

サービスシーンはなかったけど (´・ω・`)