カッパでもレビューしたい

カッパがアニメやゲーム等をひたすらレビューするブログ。ネタバレ満載なので見る際はご注意を。

赤髪の白雪姫 最終話感想(ネタバレ有り)  最終回もマントがブワサァーッ!

【スポンサードリンク】

今期の少女漫画枠、最終回。 

赤髪の白雪姫 14 (花とゆめCOMICS)

赤髪の白雪姫 14 (花とゆめCOMICS)

 

あらすじ(ネタバレあり)

 今日は場内開放日とやらで、城の一部を市民に開放するイベント日らしい。

(初め、二人の結婚式かと思いちょっとビビった)

ゼンがマントを早速ブワサァーッ! と格好良くなびかせて登場。

シラユキと側近の3人で場内視察をすることに。

そういや目立つんだったな。お嬢様の髪

忘れてた設定を覚えさせてくれる優しい側近。

 

突然のハプニング=演劇の姫役に急遽参加する事に

明らかに悪い事を考えてそうな中分けの男。

元ヒロイン役の娘「あとはヒロインが手の甲にキスされるだけだわ」

ゼン「ダメだ!!」

ゼン殿下のイケメン嫉妬。

どうやら劇団員は講習の面前でシラユキの髪を見せて注目を集めるつもりだったらしい。

しかしゼンが仮面の騎士として空中からフワァーッと登場。

客&俺  ( ゚д゚)「うぉぉぉぉ!」

いろいろ問題が解決し、ゼン「お前は人に頼らず頑張ろうとする良い子ちゃん うんぬん」の話をしたところで

シラユキ「た、頼ってるよ!」

となりイチャイチャシーン突入。ゼンの手の甲にキスをする。

 

祭りの終わり

願いを込めて光を天にあげるイベント。最終話っぽい絵だ。

ミツヒデさん、いつもゼン殿下を見てますよね」

この一言に衝撃を受けてそのあとのポエムを聞き逃してしまった。

 

総括

始まる前は赤髪の少女主人公と『暁のヨナ』と設定がかぶってるなー、と思った本作。

空前の赤髪ブームでも来てるのか?

 

でも始まってみればそれぞれ別ベクトルで面白い作品でしたな。

 

赤髪が特徴的な、薬剤師を目立つ少女と王子の恋。

初めは何でも持ってるように見えた王子も、王子ゆえの苦悩をいろいろ抱えてましたな。

友達に裏切られたりと壮絶な過去で人を信じられなかった主人公。でも最終回を迎える頃には白雪にデレデレだった。 

(1話くらいからデレデレだった気もするけど)

 

しっかり者で好感が持てるヒロイン、男から見ても格好いいヒーロー、時々ポエム……まさに少女漫画アニメの王道を行く作品。

 

早見沙織さん演じるシラユキが本当に素敵な子で、萌えラノベの読みすぎで毒された脳を浄化してくれるようだった。

最終話とその前くらいから二人のイチャイチャ度が凄かった。

 

原作はまだ続いてるようだからアニメ2期もワンチャンあるだろうか? でもあまりに綺麗に終わりすぎてるからなぁ。

 

結論

 ( ゚д゚) よし、俺も王子になってモテモテになるか!